皺の対策

30代に突入してから、目の下や目尻のしわがきになるようになりました。とくにお化粧をして2時間くらいすると、しわがくっきりとしてきて余計に目立つので、頻繁にお化粧直しをしなければいけなくなりました。

目もとの皺だけではなく、ほうれい線もうっすらとはいるようになり、とても気になっています。

皺はある程度年をいくとできるものだということはわかってはいるのですが、思っていた以上に早く、そしてくっきりとできてしまっているので気になっています。

私の場合は乾燥をしているとよけいに皺がはっきり、くっきりとみえてしまうので、乾燥をさせないように対策をすることからはじめました.

まずは洗顔です。洗顔のとき、それまではお湯であらっていたのですが、お湯を使っていると肌に必要な油分までをも洗い流してしまう可能性があるということを教えてもらい、お湯ではなく水での洗顔にかえました。

また、洗うときに使う洗顔料は軽くではなく、あわ立てネットをつかってしっかりとあわ立ててからつかうようにしています。

泡に弾力がでるくらいまであわ立ててからその泡をふんわりと肌に馴染ませるようにして洗うと、肌への刺激もすくなく、毛穴につまった汚れをとるだけできれいにすっきりと洗いあげることができるようになりました。

それまでは洗ったあとに肌が突っ張ってしまったり、カサカサになってしまったりしていたのですが、この方法であらうようになってからはつっぱることはなく、化粧水の入りもよくなったのでプルプルになりました。

化粧水をいれてからは、時間をあけずに乳液や美容液をしっかりとつけてあたためた手のひらでおさえつけて肌になじませます。こうすることで、肌の中からしっかりと潤うことができるので皺ができにくくなるのです。

また、お化粧をするときは、下地のしたに更に保湿効果のある下地をぬります。無色透明の刺激のすくない保湿クリームをぬってから下地、ファンデーションという順にぬると、皺もできにくいですし、できてもめだちにくいです。